IIJmio meeting 13 東京会場に参加しました。(一部質疑応答付き)


10月22日(土)に行われた「IIJmio meeting 東京会場」に参加しました。

親のスマホデビュー・海外ローミング・ゼロレーティング (IIJmio meeting 13資料公開)

3年半 IIJmio のユーザーで、IIJ が主催するイベントである IIJmio meeting はブログでは2年前に一度紹介したきりですが、何度か参加しており、久々にブログ記事にします。

会場の様子

いつも入り口に置いてある SIM カードです。

h28-10-22-iijmio-meeting

今回配布されていたものはこちら。

h28-10-22-iijmio-meeting-%e9%85%8d%e5%b8%83%e7%89%a9

発表内容

スライドについては公式ブログで紹介していますので、そのままこちらでも紹介します。

つながる端末保証」について、この前 docomo 製端末のタッチパネルが故障した自分にとっても気になるサービスでした。
この後のフリートークでもこれに関する質問が多く挙がるのですが、IIJ 自体が提供しているサービスではないので、詳しくは規約を見て、サポートセンターに確認を取って欲しいとのことでした。

自分が IIJmio で親はフィーチャーフォンユーザーといった同じような環境ですし、Cメールの関係で au の回線も切れずにいるのでいつかは移行して欲しいなと思っていますが、それに向けての課題が分かりました。

昨年、大学の関係で海外に行ってきたのですが、格安 SIM の課題として海外では使えないというのがありました。
その時は、事前に地図などのデータをダウンロードしたり、街中の Wi-Fi にお世話になったりして節約しました。

なぜそのまま海外で利用できないのか、海外トラベル SIM の仕様について理解できました。
今後海外に行くときは検討したいです。

特定の通信を無料化するといったゼロレーティングに関するお話でした。
通信の秘密、ネットワーク中立性、利用者間の公平性についての IIJ としての考え方もよく分かりました。

フリートーク~Twitter の質問

ここでの内容は、私のメモですので登壇者の皆さまの認識と異なっている可能性もあります。ご了承ください。

Twitter で #mioq をハッシュタグがついた質問にツイートに答えていました。


→L2接続しているが、特に優位ということはない。ただ、東京と大阪に接続点があるのでそういった意味では有利。


→30GB使っている人もいる。自宅に固定回線を引かない人が使うことが多い。


→当社からコメントすることはない


→技術的に工夫した点はなく、利用状況から料金を設定した


→しばらくやらない


→棲み分けできていると思う


→あるロット以降は大丈夫。今回も大丈夫(とコメントしたものの、あとで対象品だと判明)


→社員が購入したら検証したい。


→今後市場の縮小が見込まれる分野には投資しない


→それスマホじゃないよね


→安心してください。詳しくはサポートセンターまで


→株主ではあるが、NTT グループではない。NTT の福利厚生施設は使えないし。ただ、住宅ローンを組むときだけは NTT グループと誤解されて良かったと思うこともある。


→サービス内容としては問題ないはず。問題があれば IIJ まで。


→現在調査中。何か分かれば次回の IIJmio meeting のネタにする。


→こちらで他社の情報は分からないが、何か困難な事情があったのでは。


→auは急いでいるけど、ドコモ、ソフトバンクはすぐに停波ということはないのでは。
オリンピックで 3G が主流の国から来る人も多いだろうし、組み込み向けで 3G 使っているところもある。


→ない


→はい


→いまはどうだったか覚えていないが、グローバルだったとしても将来的にプライベートになるかも。


→法人向けなら提供中


→他社のことなのでコメントできないが、優良誤認などの可能性もあるのでは


→IIJmio の公式サイトや IIJmio の DNS サーバーはクーポンがなくても高速に表示される
クーポンがあれば、クーポンが消費される


→これまでも何度かやっていたので、話があればやってみたい

会場の質問

タイプAとタイプDの IIJ 側の設備の違い

タイプDは東京・大阪に拠点があるが、タイプAは大阪のみに拠点がある。
それ以外は基本的に同じ。グローバルIPアドレスからタイプA、Dは区別できないし、プライベートIP同士の通信もできない

IMEIの書き換え、番号が判別つかなくなったらあんしん端末保証はどうなる?

書き換えは不正な改造にあたるのでは。

BIGSIM のカウンターで購入した場合もあんしん端末保証を利用可能にして欲しい

IIJが提供しているものでは無いので。

海外トラベルSIMが海外でチャージが切れたら?

IIJのサイトは繋がるので、追加してください。

現在はクレジットカードのみで未成年が登録しにくいのでは

口座振替に対応するのは大変だが、どうにか利用していただけるよう検討している

HLR/HSS 独自運用した場合、キャリア表示を docomo などから IIJmio に変更するのか

端末により実装は異なるが、検討したい。

一人が最大何回線持つことができるのか

一人1mioIDで10契約、ファミリーシェアは1契約10枚まで持てる。
従って、100枚となるが、音声SIMは5枚なので、95枚はデータ専用となる。

終わりに

次回は2017年1月21日(大阪)・1月28日(東京)を予定しているようです。
予定が合えば参加したいなと思います。


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)