開かなくなった DVD ドライブ SONY AD-7280S-0B を修理しました

トレイが開かなくなった SONY の DVD ドライブ、AD-7280S-0B を修理しました。

このドライブはもともと、家族が利用していた PC で使用しており、3年前に手元に戻ってきました。

サブの PC に装着していましたが、ほぼ利用しておらず、久々に利用しようとしたところ開かなかったという次第です。

現象

イジェクトボタンを押したり、OS 上からイジェクトの命令を送信しても、中で音がしてランプが点灯するもトレイが出てきません。

小さな穴から強制的にトレイを開くと、正常に開きます。
その状態でディスクを入れ、正常に読み込みできることも確認しました。

また、ディスクがある状態だと、開閉できました。

トレイが開かない様子を動画にしました。

“開かなくなった DVD ドライブ SONY AD-7280S-0B を修理しました” の続きを読む

VMware Workstation Tech Preview + Windows 10 Insider Preview 20H1 で Hyper-V との共存が可能になったので検証してみた

開発版のアプリケーションの情報のため、正式リリース時は仕様等が異なる可能性があります。

従来、Hyper-V を有効化すると、VMware が利用できないというのが常識でした。

したがって、Hyper-V だけでなく、それをベースにした、Windows サンドボックス、Docker for Windows、WSL2 も、VMware ユーザーには縁が無いものでした。

ただ、最新のプレビュー版にて、共存が可能になったという情報が得られたので、早速検証してみました。

“VMware Workstation Tech Preview + Windows 10 Insider Preview 20H1 で Hyper-V との共存が可能になったので検証してみた” の続きを読む

macOS Catalina (10.15.3) 上の VMware Fusion 11.5.1 でマウスが操作できない問題

VMWare Fusion 11.5.1 アイキャッチ

macOS Catalina 上の VMware Fusion の仮想マシンが、マウスのクリック操作が効かず、キーボードのみの操作になってしまい困っていました。

今回無事解決したので記事を投稿します。

環境情報

  • ホスト OS:macOS Catalina 10.15.3
  • ハイパーバイザー:VMware Fusion 11.5.1
  • ゲスト OS:macOS Mojave 10.14.6

現象と一次対応

VM のログインについては、キーボードでパスワードの入力後 Enter キーを押すだけのため、マウスが使えないことに気づきません。

デスクトップ画面が表示され、いざ操作しようと思ったら、マウスカーソルは動くものの、クリックが効かない・・・という事に気づきます。

Command + Space の Spotlight は効くため、ハングアップしているということはないようです。

“macOS Catalina (10.15.3) 上の VMware Fusion 11.5.1 でマウスが操作できない問題” の続きを読む

Surface Go 向けに Surface Pen 購入しました

Surface Pen - Surface Go 装着時

Surface Go を購入してから、一年と数ヶ月、今更ながら Surface Pen を購入しました。

タッチペンを購入するに至ったきっかけ

Surface Go を購入して一年と数ヶ月、これまでは、純正タイプカバーと以前から利用していた Bluetooth のマウスで利用してきました。

  • 普通にインターネットで調べごとをしたり
  • セミナーに参加してメモをとったり

などする分については全く問題無かったのですが、

  • ペンで資料に図を入れてみたり
  • マウスが置きにくいスペースで、細かい選択を素早く行ってみたり

したくなり、今になってペンを購入する決心をしました。

“Surface Go 向けに Surface Pen 購入しました” の続きを読む

ConoHa のオブジェクトストレージの一時的なオブジェクト公開 URL (Temporary URL)を PHP を使って生成する

ConoHa ObjectStorage Temporary url API document

ConoHa のオブジェクトストレージには、一時的にオブジェクトを公開する場合に便利な Temporary URL 機能があります。

この機能を使うメリットは、下記が挙げられます。

  • web publishing と違って全体に公開する必要が無い
  • 指定した期間が過ぎると無効化される
  • キー、時間、オブジェクト名から URL を生成するので、URL を改ざんされてもアクセスできない

オブジェクトストレージ自体は、接続元 IP 制限などはありませんが、一段挟むことでそのようなことも実現可能です。

URL を生成する処理について、API リファレンスには、Python のサンプルしか載っていませんでしたが、ウェブサイト内で呼び出す場合、PHP の方が使い勝手が良いので、作成してみました。

“ConoHa のオブジェクトストレージの一時的なオブジェクト公開 URL (Temporary URL)を PHP を使って生成する” の続きを読む