2023年1月21日 Twitter クライアントシェア調査(POST statuses/filter 編)

Twitter の開発者向け利用規約が改訂され、サードパーティー製のクライアントが禁止されることとなりました。
クライアントの開発者も開発終了を宣言しています。

1月22日の昼頃にさらに一部のサードパーティーのクライアントが利用できなくなったという報告があります。
この記事は1月21日時点となるため、そういったクライアントが含まれる最後の調査結果となります。

前回の調査

このブログでは、1年~2年に一度 Twitter クライアントの調査を行っていました。

前回、2021年5月の調査結果は下記となります。

これまでの調査手法について

これまで、すべてのツイートの数%をランダムに取得できる「Twitter Streaming API v1.1 GET statuses/sample」を対象に調査していました。

残念ながら、この API は 2022年10月31日に廃止されてしまいました。

今回からは新しい方法を検討する必要があります。

v2 API に切り替え?

Twitter API v2 でも同様の API が提供されていますが、リファレンスには記載がある、肝心のクライアント名を取得することができません

この API 以外でもとれなくなったという報告があるため、v2 API の使用は断念せざるをえません。

今回の調査手法

今回は下記の API を使用します。

この中でも、「follow」でフォロワー数が多いアカウントを手作業で設定し取得しました。

他にもキーワードを指定は、日本語の場合、スペースなどの文字が含まれるまで一つとして判断されるようで難しく、位置情報の指定は、位置情報をに対応しないサードパーティーのクライアントに不利になる可能性があるためこの方法をとりました。

この方法のデメリットは、RT もリプライでもない、ボット系のツイートがカウントされなくなることです。
前回は数パーセントあった「twittbot.net」なども含まれなくなりますが、今回は急いで取る必要があったので一旦取ることにしました。

調査結果(上位5位)

Twitter クライアントシェア調査

ついに Twitter for iPhone が50%を越えました。
今回は調査方法の変更で bot が含まれないといっても、50% は越えているようです。

また、Twitter for Android も割合が大きく増えています。
こちらもサードパーティーのクライアントの影響がありそうです。

調査結果(その他1%)

サードパーティーのクライアントを確認するために、「その他1%」も確認しました。

TweetDeck は現在プレビュー版も動作しており、プレビュー版は「TweetDeck Web App」という名前になっていました。

また、このなかで 1/22 に終了してしまったクライアントは下記のようです。

  • Janetter:iOS Pro 以外
  • Tweecha2
  • OpenTween

他のクライアントももしかすると順番に停止させられていくのものと思われます。

データ概要

  • 調査日:2023年1月21日の24時間調査
  • 取得 API:Twitter Streaming API POST statuses/filter
  • 取得条件:Follow パラメーターに日本でフォロワー数が多いアカウント・有名人のアカウントなどを手作業で92個設定

Windows 11 + Visual Studio 2022 仮想イメージで Mozc をビルドする

いま Linux 界隈で話題の Mozc を「Windows」で使ってみる記事となります。

ビルド方法については、公式リポジトリに記載があるとおりですが、あまり Visual Studio の環境を構築したことがない方のためにも簡単にできる方法を紹介します。

Windows で Mozc を使うメリット

Windows や macOS では基本的には、Google 日本語入力をインストールするのが簡単で推奨されます。

それでもあえて Mozc を使うメリットとは・・・

“Windows 11 + Visual Studio 2022 仮想イメージで Mozc をビルドする” の続きを読む

Windows 11 22H2 で WSL の Fedora Remix が正常に動作しない問題解消法

Fedora Remix for WSL 37 screenFetch

特にメイン PC で Fedora を使っているというわけではないのですが、WSL においては CentOS Stream の提供が無いため、以前より Fedora を利用しています。

Fedora は半年ごとに新しいバージョンがリリースされ、だいたい13ヶ月間のサポートが提供されています。
そのたびにアップグレードもしくはクリーンインストールを行う必要があります。

自分の場合、WSL 環境の基本的なセットアップは Ansible で行っており、あとは home ディレクトリをコピーすれば移行が完了するような構成にしているため、Fedora Remix の最新版がリリースされる度に環境をリセットしています。。

“Windows 11 22H2 で WSL の Fedora Remix が正常に動作しない問題解消法” の続きを読む

cobbler 3.3 系から cobbler-web が無くなった話

このブログでも何回か登場している Cobbler ですが、このブログの執筆時点では 3.3.3 がリリースされています。

CentOS Stream 9 等で利用できる epel9 においては、3.3.3 のパッケージが配布されているようです。

# dnf list cobbler*
Available Packages
cobbler.noarch                          3.3.3-1.el9                    epel
cobbler-tests.noarch                    3.3.3-1.el9                    epel
#
“cobbler 3.3 系から cobbler-web が無くなった話” の続きを読む

mineo 「マイそく」「パケット放題 Plus」の 1.5Mbps は実用的か契約前に無料で確認する方法(SoftEther + OpenVPN)

これから格安 SIM を検討されている方が増えているかと思います。

自分もその一人です。

格安 SIM の種類は数多く存在しますが、多くの場合、毎月○GB○円といった料金体系ですが、特色のあるプランとして mineo(マイネオ)の「マイそく」「パケット放題 Plus」があります。

「マイそく」「パケット放題 Plus」とは?

“mineo 「マイそく」「パケット放題 Plus」の 1.5Mbps は実用的か契約前に無料で確認する方法(SoftEther + OpenVPN)” の続きを読む