Zabbix Agent 2 の StatusPort を設定した場合に得られる情報を確認する

Zabbix Agent 2 status

Zabbix Agent 2 を使ってみたところ、従来の Agent と比較し StatusPort という項目が増えていたのですが、何ができるのかなどの情報が見つからなかったので確認してみました。

StatusPort

The port agent 2 will be listening on for HTTP status request and display of a list of configured plugins and some internal parameters

確認環境

下記のバージョンで確認しました。

  • Zabbix Agent 2 v5.0.3
  • Linux 版:CentOS 8.2 上の Docker
  • Windows 版:Windows 10
“Zabbix Agent 2 の StatusPort を設定した場合に得られる情報を確認する” の続きを読む

inspircd-docker で素早く IRC サーバーを構築する

LimeChat inspircd-docker アイキャッチ

令和になって、需要があるかは不明ですが、IRC サーバーを構築してみたのでメモしてみます。

CentOS 8 においては、IRC サーバーのパッケージがないようで、自分でビルドする必要があるようです。

そこで、今回は、Docker を用いて IRC サーバーと立ててみます。

Docker Hub にこのようなものがありましたので使ってみます。

“inspircd-docker で素早く IRC サーバーを構築する” の続きを読む

VirtualBox の virtio(準仮想化)・Intel・PCnet のアダプターでパフォーマンスを比較してみる

VirtualBox ネットワーク アダプタータイプ

VirtualBox でネットワークを使用する際、バージョン 6.1.10 の場合アダプタータイプとして下記の6つが選べます。

  • PCnet-PCI Ⅱ (Am79C970A)
  • PCnet-Fast Ⅲ (Am79C973)
  • Intel PRO/1000 MT デスクトップ (82540EM)
  • Intel PRO/1000 T サーバー (82543GC)
  • Intel PRO/1000 MT サーバー (82545EM)
  • 準仮想化ネットワーク (virtio-net)

VirtualBox のマニュアルによると、virtio はハードウェアのエミュレーションを行わないため、最も性能が高いとのことです。

ただし、Windows ゲストの場合は標準のドライバでは対応していないため、下記のページからドライバをダウンロードする必要はあります。

自分も VirtualBox を利用する際は、できるだけ virtio を使用するようにしています。

ただ、どれくらい早いのというのは理解していなかったので実際に iperf3 でベンチマークを取ってみました。

“VirtualBox の virtio(準仮想化)・Intel・PCnet のアダプターでパフォーマンスを比較してみる” の続きを読む

Windows 10 2004 でプロトコルエラー(0x112f)でリモートデスクトップできない場合の対処法

久々に外出し、外から自宅の Windows 10 の PC に Windows リモートデスクトップをしようとしたところ下記のエラーが表示され、接続できませんでした。

プロトコル エラー(コード: 0x112f)のため、リモート セッションは切断されます。リモート コンピューターへの接続をもう一度実行してください。

プロトコル エラー(コード: 0x112f)のため、リモート セッションは切断されます。リモート コンピューターへの接続をもう一度実行してください。

macOS や Android からは正常に接続できたため、Windows のリモートデスクトップクライアントとの相性のようです。

“Windows 10 2004 でプロトコルエラー(0x112f)でリモートデスクトップできない場合の対処法” の続きを読む

Ansible 2.9 の firewalld モジュールで NIC の zone を変更しても permanent で永続化されない件

Ansible で Firewalld の設定を行ったところ、NIC の Zone の変更について、OS を再起動すると設定がリセットされる現象を確認しました。

具体的な例

環境

  • Ansible 2.9.10
  • CentOS 8.2 (2004)

Playbook

firewalld モジュールを使います。

- name: set eth0 internal
  firewalld:
    zone: internal
    interface: eth0
    permanent: yes
    state: enabled
    immediate: yes
“Ansible 2.9 の firewalld モジュールで NIC の zone を変更しても permanent で永続化されない件” の続きを読む