CentOS 8.3 (2011) がリリースされたのでアップデートしてみた

CentOS 8.3 Kernel 4.18.0-240.1.1

blog.oyasu.info、oyasu.info は ConoHa で CentOS 8 のサーバーで運用しています。

CentOS といえば、Stream ではない 8.x のバージョンは2021年末でサポート終了することが発表されています。

このサーバーは、CentOS Stream 8 に切り替える予定ではありますが、ひとまず CentOS 8.3 へ更新することにします。

“CentOS 8.3 (2011) がリリースされたのでアップデートしてみた” の続きを読む

CentOS 8.2 (2004) がリリースされたのでアップデートしてみた

CentOS 8.2 Kernel 4.18.0-193.6.3

blog.oyasu.info、oyasu.info は ConoHa で CentOS 8 のサーバーで運用しています。

このサーバーが CentOS 8 になったのは先月のことで、その際のブログ記事は下記となります。

この度、CentOS 8.2 (2004) がリリースされたので、早速アップデートしてみました。

アップデート前のバージョン

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 8.1.1911 (Core)
# uname -r
4.18.0-147.8.1.el8_1.x86_64
“CentOS 8.2 (2004) がリリースされたのでアップデートしてみた” の続きを読む

ウェブサーバーを ConoHa 100GB プラン CentOS 8.1 にマイグレーションしました

oyasu.info CentOS 8

本日、このブログを含む oyasu.info のウェブサーバーを、CentOS 8.1 のサーバーにマイグレーションを行いました。

従来のものは、下記の記事で紹介した、CentOS 7.2 のものをアップデートし続けていましたが、今回は新しいサーバーを立てて、そこにデータを移すことにしました。

サーバーについては、引き続き ConoHa の 1GB プランですが、2020年1月に行われたリニューアル後のプランとなり、ディスクの容量が 50GB → 100GB になりました。

https://twitter.com/MikumoConoHa/status/1222374839886864384

今回は、ブログの投稿テストとなるので、簡易な記事ですが、動作確認が終わり次第、サーバーの詳細についても記事にしたいと思います。

お気づきの点がございましたら、ご連絡いただけたらと思います。

ConoHa のスタートアップスクリプトで Splunk 環境をサクッと作ってみる

下記の Advent Calender 21日目の記事です。

Advent Calendar に参加したきっかけ

ConoHa

ConoHa に関する記事はたびたび公開してきましたが、Advent Calendar には初めて参加します。

オブジェクトストレージがリリースされた翌日に公開した記事があるなど、ConoHa のオブジェクトストレージについては古参ユーザーだと思います(自称)

Splunk

実は、今年の Splunk の Advent Calendar のきっかけは自分だったりします。

Splunk ユーザー会 GOJAS の Slack より。

最初は全然埋まらず、運営の方にご迷惑をかけたなと思っていたのですが、無事埋まって良かったです。
投稿いただいた皆さまに感謝です。

本題

“ConoHa のスタートアップスクリプトで Splunk 環境をサクッと作ってみる” の続きを読む