Opera 34でフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更&元に戻す方法


先日公開した記事「Chrome 47でフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更&元に戻す方法」の情報が、同じ Chromium ベースの Opera にそのままあてはまるので、紹介したいと思います。

本日、Opera 34 がリリースされました。

Opera Turbo や、ダウンロードマネージャの改善など多くの修正の修正が含まれますが、日本語環境ではデフォルトのフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更されました。

Opera 34 での表示例

[H27.12.08] Opera 34 デフォルトのフォント MS Pゴシック

MS Pゴシックで表示されています。

これまでのバージョン(Opera 33)での例

[H27.12.08] Opera 33 デフォルトのフォント メイリオ

メイリオで表示されていました。

実は、今年の4月にリリースされた Opera 29 で、MS Pゴシックがメイリオに変更されたのですが、8ヶ月経って元の仕様に戻ったようです。

そこで、今までのフォントに戻したい人も、MS Pゴシックのまま使い続けたい人も、知っておいて損はない「Opera のフォントの設定変更の方法」を紹介します。

設定の変更方法

設定のフォントのカスタマイズ(opera://settings/fonts)から、フォントの設定は変更できます。

[H27.12.08] Opera 34 フォントの設定 MS Pゴシック

設定画面は「MS Pゴシック」になっているので、「メイリオ」に変更すれば Opera 34 までの表示に戻ります。

もし、フォントの詳細設定より設定を変更している場合、ここでの変更は反映されないかもしれません。
その場合、Opera 29 のメイリオ変更時の記事に書いた拡張機能を使用して元に戻してください。


Comments

comments

One Reply to “Opera 34でフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更&元に戻す方法”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)