Opera フォーラムの Linux に関する質問に ConoHa が役に立った話(CentOS 編)


私は Opera のフォーラムでも回答を行っているのですが、このような質問を見かけました。

Linux に IPA フォントをインストールすると、Opera でリンクを選択しようとするとフリーズしてしまうという問題です。

この場合、適当な Linux に Opera をインストールして、IPA フォントをインストールする前後での動作を確認すればよいことが分かります。
(もちろん、英語でバグレポートを書くところまでできたらいいのですが、自分で書くと伝わるかどうか不安なので)

Windows についてはメインでは利用しない評価版も含めて複数のバージョンで検証できる環境があるのですが、Linux の環境は持っていません。
そのためだけに、Linux の ISO ファイルをダウンロードするのも面倒。

そこで、ひらめきました。
ConoHa の Linux イメージを使えば簡単にテスト環境が構築できるのでは?

ConoHa とは GMO インターネットのクラウドサービスです。
詳しくは公式サイトをチェックして欲しいのですが、ここで紹介するポイントは3つ。

  • テンプレートにある OS なら25秒で構築 ※公式サイトより
  • 高速 SSD ストレージ
  • 一番安い VPS(1.3円/時)でもCPU2コア・メモリ1GB

サーバー用途としての Linux の利用経験はあるのですが、ブラウザといったクライアント用途でクラウドを使うのは初めてです。

今回の流れ

  1. サーバーの追加
  2. GUI のインストール
  3. Opera のインストール
  4. 再現性の確認

サーバーの追加

今回の質問では、投稿者さんは Gentoo と Debian で問題を確認しているようです。

今回はそれ以外の OS で、サーバー追加画面のデフォルト設定の CentOS 7.1 (64bit) を選択しました。

サーバー用途ではなく GUI 利用のため、SSH の設定も不要、外部からのアクセスもすべてチェックを外しておきます。

GUI のインストール

テンプレートの OS は CUI でインストールされています。
このままでは、ブラウザは使えないのでデスクトップ環境をインストールします。

こちらの記事を参考にしました。

デスクトップ環境のインストール

$ yum -y groupinstall "GNOME Desktop"

起動モードを GUI に変更

$ systemctl set-default graphical.target
$ systemctl get-default
graphical.target

再起動

$ shutdown -r now

その後、画面の指示に従いアカウントなどを設定。

ここまで、サーバーを追加してから10分で終了しました。

Opera のインストール

デフォルトのブラウザ Firefox から Opera をダウンロードします。

Linux でアクセスすると、自動的に Linux 版が選択されます。

現在の stable 版の最新版 opera-stable_34.0.2036.25_amd64.deb がダウンロードされました。
早速インストール・・・おや?

CentOS のインストールには .rpm のインストールファイルが必要なようです。
Gentoo と Debian は .deb のインストールファイルでよい模様。

.deb が利用できる OS の再インストールも視野に調べてみたら、.rpm 版の Opera がありました。

.rpm 版の Opera は developer 版のみ提供されています。

無事に ConoHa 上の CentOS 7 に Opera developer 36 のインストールが完了。

再現性の確認

まずは IPA フォントがインストールされていないことを確認し、いくつかページを閲覧。
ConoHa のコンソールでは、マウスのスクロールも効くので快適にネットサーフィンができます。

そこで、問題の IPA フォントをインストールします。
コマンドを利用しなくても、デスクトップ環境で IPA ゴシックと IPA 明朝がインストールできます。

インストール後 Opera を開くと、確かにフリーズが発生。
CentOS でも問題が再現することを確認しました。

.deb ファイルで寄り道してしまいましたが、30分もかからず確認できました。

余談:ブラウザのカスタマイズ

Opera は保存した画像から簡単に独自のテーマを作成できます。

ConoHa の応援団長「美雲このは」(@MikumoConoHa)の壁紙はこちらからダウンロードできます。

テーマを作成してみました。

スクリーンショットの撮影用に、スピードダイヤル全削除、検索エンジン非表示設定をしています。

[H27.12.15] CentOS 7 Opera ConoHa Full

おわりに

ConoHa のクラウドを使うことで

  1. テンプレートで簡単にインストール
  2. 2GHz 以上(詳細調べ忘れた)のデュアルコア CPU&SSD でデスクトップ環境のインストールも高速
  3. クラウドだから普段使っている PC の空き容量やメモリの心配不要
  4. インストール直後だから問題の切り分けが容易
  5. 2時間使っても 2.6円と安価

というメリットがありました。

現在友達の紹介キャンペーンを実施しており、こちらのリンクから ConoHa に登録していただくと、1000円分のクーポンがもらえますので、是非試してみてください。


Comments

comments

“Opera フォーラムの Linux に関する質問に ConoHa が役に立った話(CentOS 編)” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)