欅坂46「欅共和国 2019」三日目に参加しました


先週開催された「欅共和国 2019」に参加しました。

公演概要

  • 開催日:2019年7月7日(日)(5、6日も公演あり)
  • 開場:16:00、開演:17:30
  • 場所:富士急ハイランド コニファーフォレスト(公式サイト
  • チケット料金:7,800円

入国に向けた準備

欅共和国2019のチケットは複数回に分けて販売されました。

  1. ファンクラブ先行
  2. オフィシャル先行
  3. ローソン先行
  4. 一般販売

今回、初めてファンクラブ先行から申し込んだのですが、抽選に外れ続け、一般販売もすぐに完売して購入できませんでした。

2年前の欅共和国では当日券があったと思いますが、人気が増えたのは嬉しいことです。

最後のチャンス、公式のチケットトレードにかけてみました。

7月2日から毎日抽選が始まり、抽選に外れ続け、なんと7月6日に当選したとメールが来ました。
前日に参加が決定したので、急遽準備開始です。

入国手段

毎年、JTBによるオフィシャルアクセスツアーがあるのですが、前日に決定したので行きは利用できず・・・

前日なので、一般の高速バスも完売していたため、立川駅から発車している臨時快速列車に乗車しました。

富士急行の公式サイトから情報が無くなっていたので、時刻をこちらに記載します。

立川11:32発→八王子11:44発→(途中駅省略)→大月12:22発→富士山13:14発→富士急ハイランド13:16着→河口湖13:20着

欅共和国2019 立川駅 臨時快速 出発案内

八王子方面のホームで待機していましたが、逆方向の新宿・東京方面のホームに入線しました。

欅共和国2019 立川駅 臨時快速

最後尾の車両に乗車しましたが、一両に5人程度でした。

また、方向幕も「快速」のみで、車内アナウンスでも欅坂については触れられていなかったので、欅共和国に入国しない方も乗車していたのかもしれません。

富士急ハイランド着

電車に揺られ約2時間、無事富士急ハイランドに到着しました。

立川行きについては、帰りのツアーバスの当日券があるようなので購入しました。

並んだときには新宿、横浜は完売、途中で宇都宮、大宮も完売していました。

欅共和国2019 入口

入場口は二つに分かれており、二年連続でこのゲートがない入場口でしたが、今年はこちらでの入場ができました。

セットリスト

  • オープニング
  • OVERTURE
  1. 世界には愛しかない
  2. 手を繋いで帰ろうか
  3. 青空が違う
  4. 太陽は見上げる人を選ばない
  5. アンビバレント
  6. バレエと少年
  7. 制服と太陽
  8. バスルームトラベル
  9. 結局、じゃあねしか言えない
  10. Nobody
  11. 危なっかしい計画
  12. 僕たちの戦争
  13. Student Dance
  14. 避雷針
  15. AM1:27
  16. I’m out
  17. キミガイナイ
  18. 語るなら未来を・・・
  19. 風に吹かれても
  20. サイレントマジョリティー

最後に

ステージ後方のため関係者席もよく見える場所でした。
開演前に、日向坂46のメンバーが訪れるのも確認できました。

開演すると、尾関さんが水兵の衣装で登場し、いろいろなパフォーマンスをされて会場を沸かせました。

今年はステージ後方にもやぐらができ、そこにメンバーが上り、参加者に水をかけるシーンがありました。

やぐらから水をかけられ、移動する船に乗ったメンバーにも水をかけられるなど、どちらから向いて良いのか悩むシーンもありました。

Student Dance では MV 同様水を蹴るパフォーマンスがあったり、長濱ねる・尾関梨香・小池美波によるバスルームトラベルは、長濱ねるが不在の代わりに全員でパフォーマンスしたり、最後まで大満足のイベントでした。

今回も映像化されることを匂わせるMCもあったので、期待しています。

スポンサーリンク

昨年の「欅共和国 2018」の BD / DVD が8月14日に発売となります。


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)