Chrome 56 でデフォルトのフォントがMS Pゴシックからメイリオに変更


先日、Chrome 56 がリリースされました。

新機能や多くのバグの修正が含まれますが、日本語環境ではデフォルトのフォントがMS Pゴシックからメイリオに変更されました。

Chrome 55 の Google 検索

これまでは、MS Pゴシックで表示されていました。

Chrome 56 の Google 検索

メイリオで表示されています。

フォントの設定 chrome://settings/fonts より、変更されていることを確認できます。

  • 標準フォント:MS Pゴシック → メイリオ
  • Serif フォント:MS P明朝 → 游明朝(インストールされていない Windows 7 では変更なし)
  • Sans Serif フォント:MS Pゴシック → メイリオ

以前の表示に戻したい場合、こちらで MS Pゴシックに戻すこともできます。

今回の変更についてはこちらの Issue の Comment 15 に記載されています。

ちなみに、Chrome のフォントの変更については、これまでも何度かあり、ブログでも紹介してきました。

Chrome 47でフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更&元に戻す方法

Chrome 42でフォントがMS Pゴシックからメイリオに変更&元に戻す方法

以前の変更では、拡張機能を導入して日本語のフォントだけ変更する必要もありしましたが、今回は全ての言語のフォントが変更されたため、拡張機能による変更は不要となっています。


Comments

comments

One Reply to “Chrome 56 でデフォルトのフォントがMS Pゴシックからメイリオに変更”

  1. 更新した途端見慣れないフォントで落ち着かず、こちらの記事で助かりました ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)