舞台「三人姉妹」を観劇しました


乃木坂46のメンバーが出演する舞台「三人姉妹」の1月27日17:00の公演を観劇しました。

舞台概要

  • 期間:2018年1月17日(水)~2月4日(日)
  • 場所:博品館劇場
  • 出演者:
    • 衛藤美彩<オリガ>
    • 伊藤純奈<マーシャ>
    • 久保史緒里<イリーナ>
    • 五十鈴ココ<アンドレイ>
    • 岡田あがさ<ナターシャ>
    • 美翔かずき<クルイギン>
    • 汐月しゅう<ヴェルシーニン>
    • 春川芽生<トゥーゼンバフ>
    • 立道梨緒奈<ソリョーヌイ>
    • 柿丸美智恵<アンフィーサ>
    • 東風万智子<チェブトゥイキン>
  • チケット料金:7,800円

昨年公演の乃木坂46の舞台「すべての犬は天国へ行く」、「墓場、女子高生」、「見殺し姫」も観劇しており、舞台参加は4回目です。

入場まで

博品館劇場に到着。銀座からも新橋からもアクセスできますが、新橋方面からつきました。

エレベーターで8Fに到着。

座席数は、381席ということで、AiiA Theatre などと比べても小規模です。
舞台ならではの臨場感が味わえました。

舞台本番

三人姉妹は、ロシアのチェーホフによる戯曲で、舞台としても有名な作品とのことです。

普段、自分は文学作品とか読まないので、話のレベルは高かったかなと思ったり。

舞台を見ようと思ったきっかけは出演者ですが、普段舞台とか見ない人がこれをきっかけに興味を持ってくれたらいいなといったことを、情熱大陸で言っているのを見た気がしました。

公式の Twitter がないので、出演者の Twitter より。


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)