欅坂46「3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」大阪公演ライブビューイングに参加しました


大型連休に書き損ねていた記事をまとめて公開します。

一ヶ月前の、4月6日(土)に大阪フェスティバルホールで行われた「3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」のライブビューイングに都内の映画館から参加しました。

東京・日本武道館公演も5月に行われますが、スケジュールの都合上参加できないため(といっても、そもそもチケットが取れないと思いますが)4月公演に参加しました。

公演概要

  • 開催日:2019年4月6日(土)
  • 開場:17:30
  • 場所:新宿バルト9 シアター9(大阪フェスティバルホールからの中継)
  • チケット料金:3,600円

欅坂46のライブのチケットをとるのは厳しいですが、ライブビューイングは全国各地の多くの映画館で開催されたこともあり、チケットをとることができました。

会場となった、新宿バルト9のシアター9は、数年前映画 Anniversary で伊藤万理華さんと高橋監督のトークショーで来たことを思い出しました。

ライブビューイング本番

ここからの内容は、5月公演のネタバレを含む可能性があります。

ライブの途中、「KEYAKI TV」ということで様々なミニ番組が上映されていました。

守屋茜さんによるサングラスの方がメインのあの音楽番組だったり、
織田奈那さんによる静岡県を PR するクイズ番組(CM?)だったり、
菅井友香さんと守屋茜さんによる、「手を繋いで帰ろうか」に繋がるミニドラマだったり
ほとけーずによるライブグッズの紹介だったり。

メンバーの体調面に配慮してか、ライブのテーマからか、不協和音黒い羊などは披露されませんでした。

  1. サイレントマジョリティー
  2. 世界には愛しかない
  1. 二人セゾン

メンバーが卒業や休業により空いたポジションに二期生が入るシーンもありました。
この曲は特に二人で振り付けがあり、ペアがいなくなりしばらく一人でパフォーマンスしていた部分に、二期生が入り感動しました。

  1. 音楽室に片想い
  2. 僕たちの戦争
  1. 渋谷川

もともと、小林由依さんと今泉佑唯さんの「ゆいちゃんず」というユニットの曲でしたが、今泉佑唯さんが卒業したため、小林由依さんのソロ曲として披露されました。

まさか聴けるとは思っていませんでした。

  1. Nobody
  2. 手を繋いで帰ろうか
  3. 制服と太陽
  1. 誰のことを一番 愛してる?
  2. 東京タワーはどこから見える?

この二曲では、各メンバーが過去の様々な曲の衣装でパフォーマンスしていました。

  1. 結局、じゃあねしか言えない
  2. ごめんねクリスマス
  3. ヒールの高さ
  4. 100年待てば
  5. アンビバレント
  6. 風に吹かれても

アンコール

  1. シンクロニシティ
  2. 危なかっしい計画

ダブルアンコール

  1. W-KEYAKIZAKAの詩

W-KEYAKIZAKAの詩は、「欅坂46」と「けやき坂46」の2グループの曲であり、日向坂46としてデビューするにあたりこの曲の扱いはどうなるかと思っていましたが、披露されました。

また、この曲でメンバーが持っているペンライトが「黒い羊」のものだったので期待はしていましたが、結局披露されませんでした。

ライブが終わって

今回のライブで、平手友梨奈さんが完走したというのは素晴らしいことでした。

カメラで抜かれる度、歓声が挙がっていました。

ライブ中はそのような気配は感じられなかったのですが、ライブ後に大事をとって車椅子に乗っていることが、後日放送されたテレビ番組で判明。

アンコールでは、卒業が発表されている長濱ねるに話が振られた後に披露された曲では泣きながらのシーンもあり、もらい泣きしそうになりました。

今後も欅坂46を応援したいです。


Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)