iOS 向け Opera VPN がリリースされました

Opera Software から iOS 向けの新アプリ「Opera VPN」がリリースされました。

Opera VPN の特徴は、IP アドレスを日本のものから下記5カ国のものに変更でき、日本では閲覧できないウェブページもアクセスできるようになります。

  • アメリカ
  • カナダ
  • ドイツ
  • シンガポール
  • オランダ

VPN ですので、公衆無線 Wi-Fi といった暗号化されていない経路で通信する場合も、周りのユーザーに盗聴されることなく利用できるといったセキュリティ上のメリットもあります。

また、広告ブロック、広告トラッカーブロッキング機能も含まれているようです。
Opera MAX(Android のみ)のようなデータを圧縮する機能はありませんので、ご注意ください。

広告ブロックについては Opera VPN ユーザーの @kyu3 さんが検証した結果をツイートされていました。

https://twitter.com/kyu3/status/729671124074647552

“iOS 向け Opera VPN がリリースされました” の続きを読む

iOS 版 Chrome 48 でエンコードの自動検出・データセーバーが削除

先日、Chrome 48 がリリースされました。

Windows 版のリリースから数日経った昨日、iPhone や iPad 向けの iOS 版 Chrome 48 もリリースされたようです。

「UIWebView」搭載の旧版と比較し「WKWebView」の新版はクラッシュ率が低下し、JavaScript の実行速度も向上したようです。

Google Chrome ヘルプ フォーラムにも Google 社員の方からアナウンスがありました。

リンクしているページを見るとなにやら気になる記述が…!!!

現時点では、Chrome の一部の機能と設定が iOS の制約によりご利用いただけなくなります。認証が必要なダウンロードは行えなくなる可能性があり、次の機能と設定は削除されます。

  • データセーバー
  • Cookie の設定
  • エンコード自動検出
  • トラッキング拒否の設定
  • Enterprise サポートとマルチプロフィール

今後 Apple が WKWebView の仕様を変更し、これらの機能が許可された場合は再度追加されます。

より高速で安定した Chrome for iPhone/iPad にアップグレードする – Chrome ヘルプ

特にエンコードの自動検出データセーバーが利用できなくなったことについて、Twitter 上でも不便だという声が上がっています。

Chrome への要望については「フィードバックツール」の利用もあるのですが、この問題については、Apple による iOS の制約であり Google としてはなんともできない状況なのではと思います。

ただ、フィードバックの量が多いとそれだけ大きな問題であると Apple に伝えることもでき、仕様が変更されるかもしれません。

iOS 版 Chrome は他の OS とは違い、Blink エンジンを内蔵していないので、古いバージョンを利用しているからといって Chrome 48 で修正された脆弱性の影響を受けるわけではありません。

とはいえ、早いうちに今回削除された機能が再び追加されることを期待しています。

今年初めての記事ですね。
現在、諸事情(ブログタイトル下の解説文にヒント)につき多忙なのでブログの更新頻度が下がっています…
今月中にもう一記事更新できたらいいなと思っています。