ConoHaにFileZillaで接続できない問題の解決法

err

このブログでは最近、IDCFクラウドについて紹介してきましたが、それより前からConoHaユーザーでもあります。

今回、公式サイトの「ISOイメージのアップロード」の説明に従いFileZillaをインストールし、ダウンロードしたkeyファイルをppkファイルに変換し、ISOイメージアップロード用の接続先に接続を試みたところ
Disconnected: No supported authentication methods available (server sent: publickey,keyboard-interactive)
というエラーが表示されてしまいました。

“ConoHaにFileZillaで接続できない問題の解決法” の続きを読む

ConoHaのオブジェクトストレージをPowerShellで使ってみた ~その2・ファイルの送受信

はじめに

前回の記事では、PowerShellとC#を用いてトークンを含むJSONデータの取得まで出来ました。
今回は、PowerShellにおいて、JSONデータからのトークンの抽出、コンテナリストの確認、オブジェクトリストの確認、オブジェクトのアップロード、オブジェクトのダウンロードについて紹介します。

今回のサンプルから、PowerShell 3.0以降で動作します。Windows 8以降の方は問題ありませんが、Vistaや7でバージョンが古い場合は最新版をインストールしてください。(Windows 7→4.0、Vista→3.0

参考リンク

まず、公式サイトでの概要や説明のページを紹介します。

次に、ConoHaのオブジェクトストレージ利用者のブログです。

前回の記事のコメント

前回の記事にTonghyun Kim様よりコメントをいただきました。

Powershellなら、Invoke-RestMethodはどうでしょう。

今回は、今後更新するであろうC#のコードと同じHttpWebRequestを利用していますが、Invoke-RestMethodを使用するとシンプルになりそうなので、そちらを使ったサンプルも公開したいなと思います。

サンプルコード

※予めコンテナ「test」を作成してください。
今回、PowerShellのfunctionを使用したり、echoではなく正式なWrite-Outputを使用するなど、追加した機能以外においても変化しています。
ConvertFrom-JsonはJSONを扱うことがあれば、覚えておいて損は無いと思います。

トークンは24時間有効なので、デバッグなどであればコード中に書き込み、トークン取得を省略することも出来ます。

# 関数の定義

# API認証をおこないトークンを取得します
function getToken([string] $tenantname, [string] $username, [string] $password, [string] $authurl){
    $req = [Net.HttpWebRequest]::Create($tokensurl)
    $req.Method = "POST"
    $req.ContentType="application/json";
    $req.Accept = "application/json";
    # 認証情報の送信
    $datastr = "{""auth"": {""tenantName"": """ + $tenantname + """, ""passwordCredentials"": {""username"": """ + $username + """, ""password"": """ + $password + """}}}";
    $data = [System.Text.Encoding]::ASCII.GetBytes($datastr);
    $reqStream = $req.GetRequestStream();
        $reqStream.Write($data, 0, $data.Length);
    $reqStream.Close();
    # トークンの受信
    $res = $req.GetResponse();
        $resStream = $res.GetResponseStream();
            $sr = new-object System.IO.StreamReader($resStream, [System.Text.Encoding]::ASCII);
                $result = $sr.ReadToEnd();
            $sr.Close();
        $resStream.Close();
    $res.Close();
    # JSONからTokenの取得
    $tokens = $result | ConvertFrom-Json
    $token  = $tokens.access.token.id;
    return $token
}

# コンテナリストの確認
function getContainer([string]$token, [string] $endpoint){
    $req = [Net.HttpWebRequest]::Create($endpoint)
    $req.Method = "GET"
    $req.Headers.Add("X-Auth-Token: "+$token)
    $res = $req.GetResponse();
        $resStream = $res.GetResponseStream();
            $sr = new-object System.IO.StreamReader($resStream, [System.Text.Encoding]::ASCII);
                $result = $sr.ReadToEnd();
            $sr.Close();
        $resStream.Close();
    $res.Close()
    Write-OutPut "コンテナリスト"
    Write-OutPut $result
}

# オブジェクトリストの確認
function getObjectList([string]$containerName, [string]$token, [string] $endpoint){
    $req = [Net.HttpWebRequest]::Create($endpoint+"/"+$containerName)
    $req.Method = "GET"
    $req.Headers.Add("X-Auth-Token: "+$token)
    $res = $req.GetResponse()
        $resStream = $res.GetResponseStream()
            $sr = new-object System.IO.StreamReader($resStream, [System.Text.Encoding]::ASCII)
                $result = $sr.ReadToEnd()
            $sr.Close()
        $resStream.Close()
    $res.Close()
    Write-OutPut "ttt のオブジェクトリスト"
    Write-OutPut $result
}

# オブジェクトのアップロード
function putObject([byte[]]$data, [string]$fileName, [string]$containerName, [string]$token, [string]$endpoint){
    $req = [Net.HttpWebRequest]::Create($endpoint+"/"+$containerName+"/"+$fileName)
    $req.Method = "PUT"
    $req.Headers.Add("X-Auth-Token: "+$token)
    $req.SendChunked = "true" # Content-Length 省略のため
    $reqStream = $req.GetRequestStream();
        $reqStream.Write($data, 0, $data.Length);
    $reqStream.Close();
}

# オブジェクトのダウンロード
function getObject([string]$fileName, [string]$containerName, [string]$token, [string]$endpoint){
    $req = [Net.HttpWebRequest]::Create($endpoint+"/"+$containerName+"/"+$fileName)
    Write-OutPut $req.RequestUri
    $req.Method = "GET"
    $req.Headers.Add("X-Auth-Token: "+$token)
    $res = $req.GetResponse()
        $resStream = $res.GetResponseStream()
            $sr = new-object System.IO.StreamReader($resStream, [System.Text.Encoding]::ASCII)
                $result = $sr.ReadToEnd()
            $sr.Close()
        $resStream.Close()
    $res.Close()
    Write-OutPut "ファイルの内容"
    Write-OutPut $result
}

# Public
function postContainerReadPublic([string]$containerName,[string]$token, [string] $endpoint){
    $req = [Net.HttpWebRequest]::Create($endpoint+"/"+$containerName)
    $req.Method = "POST"
    $req.Headers.Add("X-Auth-Token: "+$token)
    $req.Headers.Add("X-Container-Read: .r:*,.rlistings")
    $res = $req.GetResponse();
        $resStream = $res.GetResponseStream();
            $sr = new-object System.IO.StreamReader($resStream, [System.Text.Encoding]::ASCII);
                $result = $sr.ReadToEnd();
            $sr.Close();
        $resStream.Close();
    $res.Close()
    Write-OutPut "Result "
    Write-OutPut $result
}

# ユーザー設定
# 入力するAPI情報は https://www.conoha.jp/guide/guide.php?g=46
$authurl = "API Auth URL"
$tokensurl = $authurl + "/tokens"
$tenantname = "テナント名"
$username =  "ユーザー名"
$password = "パスワード"
$endpoint = "オブジェクトストレージエンドポイント"
# 24時間有効なので、デバッグ時はこちらに入力すると良いかも
$token = ""

# トークンの取得
if($token -eq "") {
    $token = getToken $tenantname $username $password $authurl
    Write-OutPut "getToken"
    Write-OutPut $token
}
# コンテナリストの確認
getContainer $token $endpoint
# オブジェクトリストの確認
getObjectList "test" $token $endpoint
# オブジェクトのアップロード
[byte[]]$upData = 0x43,0x6f,0x6e,0x6f,0x48,0x61
putObject $upData "conoha.txt" "test" $token $endpoint
# オブジェクトのダウンロード
getObject "conoha.txt" "test" $token $endpoint

# Public
#postContainerReadPublic "test" $token $endpoint

バイナリ形式のデータもアップロードできるかの確認のため、あえてbyte[]で書いています。

このサンプルコードにおいて、Publicと書かれた部分は、コンテナの属性を変更して誰でも読み取り可能にするコードです。
通常ならコードにあるとおり、ダウンロードにも認証が必要ですが、コンテナ単位で一般公開用、プライベート用が変更可能です。
ConoHaなら転送量の制限がないので、気にせずに公開することが出来ます。

ConoHaのオブジェクトストレージをPowerShell(+C#)で使ってみた ~その1・認証編

9月3日、GMOインターネットのConoHaからオブジェクトストレージがリリースされたので、さっそく登録してみました。

はじめに

※オブジェクトストレージは初めて使い、PowerShellのスクリプトも初めて使用するため、詳しい人にとっては物足りない記事だと思います。
※基盤ソフトウェアとしてOpenStack Swiftを使用しているとのことですので、同じソフトウェアなら応用できる可能性もありますが未確認です。

まず、公式サイトでの概要や説明のページを紹介します。

上級者はもちろん、右上の言語をJapaneseからConoHaに変えてログイン。
https://www.conoha.jp/conoha からアクセスすると変更の手間がかかりません。
conohatop

“ConoHaのオブジェクトストレージをPowerShell(+C#)で使ってみた ~その1・認証編” の続きを読む