iOS 版 Chrome 48 でエンコードの自動検出・データセーバーが削除

先日、Chrome 48 がリリースされました。

Windows 版のリリースから数日経った昨日、iPhone や iPad 向けの iOS 版 Chrome 48 もリリースされたようです。

「UIWebView」搭載の旧版と比較し「WKWebView」の新版はクラッシュ率が低下し、JavaScript の実行速度も向上したようです。

Google Chrome ヘルプ フォーラムにも Google 社員の方からアナウンスがありました。

リンクしているページを見るとなにやら気になる記述が…!!!

現時点では、Chrome の一部の機能と設定が iOS の制約によりご利用いただけなくなります。認証が必要なダウンロードは行えなくなる可能性があり、次の機能と設定は削除されます。

  • データセーバー
  • Cookie の設定
  • エンコード自動検出
  • トラッキング拒否の設定
  • Enterprise サポートとマルチプロフィール

今後 Apple が WKWebView の仕様を変更し、これらの機能が許可された場合は再度追加されます。

より高速で安定した Chrome for iPhone/iPad にアップグレードする – Chrome ヘルプ

特にエンコードの自動検出データセーバーが利用できなくなったことについて、Twitter 上でも不便だという声が上がっています。

Chrome への要望については「フィードバックツール」の利用もあるのですが、この問題については、Apple による iOS の制約であり Google としてはなんともできない状況なのではと思います。

ただ、フィードバックの量が多いとそれだけ大きな問題であると Apple に伝えることもでき、仕様が変更されるかもしれません。

iOS 版 Chrome は他の OS とは違い、Blink エンジンを内蔵していないので、古いバージョンを利用しているからといって Chrome 48 で修正された脆弱性の影響を受けるわけではありません。

とはいえ、早いうちに今回削除された機能が再び追加されることを期待しています。

今年初めての記事ですね。
現在、諸事情(ブログタイトル下の解説文にヒント)につき多忙なのでブログの更新頻度が下がっています…
今月中にもう一記事更新できたらいいなと思っています。

Chrome 47でフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更&元に戻す方法

2017/02/07 追記
Chrome 56 において、フォントがMS Pゴシックからメイリオに変更されて困っている方は、こちらの記事をご覧ください。
Chrome 56 でデフォルトのフォントがMS Pゴシックからメイリオに変更

Opera 34 のフォントの問題については、こちらの記事で紹介しています。

先日、Google Chrome 47 がリリースされました。

多くのバグの修正が含まれますが、日本語環境ではデフォルトのフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更されました。

Chrome 47 での Google 検索の例

[H27.12.02] Chrome 47 デフォルトのフォント MS Pゴシック

MS Pゴシックで表示されています。

これまでのバージョン(Chrome 46)での例

[H27.12.02] Chrome 46 デフォルトのフォント メイリオ

メイリオで表示されていました。

実は、今年の4月にリリースされた Chrome 42 で、MS Pゴシックがメイリオに変更されたのですが、8ヶ月経って元の仕様に戻ったようです。

そこで、今までのフォントに戻したい人も、MS Pゴシックのまま使い続けたい人も、知っておいて損はない「Chromeのフォントの設定変更の方法」を紹介します。

※Chrome の場合について紹介しますが、Opera 34 についても同様です。
“Chrome 47でフォントがメイリオからMS Pゴシックに変更&元に戻す方法” の続きを読む

Windows 10 Insider Preview 10525 で Google Chrome のクラッシュ解決法

2015/09/02追記:
この記事は Chrome 44 以前の内容です。Chrome 45 では問題なく動作します。


8月19日に Windows 10 Insider Preview 10525 がリリースされました。

しかし、アップグレード後に Chrome が「強制終了しました」と表示されて利用できなくなってしまいます。

[H27.08.19] Windows 10 10525 Chrome Crash “Windows 10 Insider Preview 10525 で Google Chrome のクラッシュ解決法” の続きを読む

Windows 10 更新後 Chrome・Opera・Vivaldi でタッチ操作できないときの解決法

Windows 10 に更新後、Google Chrome や同じエンジンを使う OperaVivaldi で、タッチパネルでの操作ができないという問題が報告されています。

私が利用しているパソコンでも、動作するときとしないときがあるようです。
ただ、以前の Windows 10 のプレビュー版では動作していたように思います。(毎回タッチ操作をしていたわけではありませんが)

解決法は、試験運用機能のタッチ イベントを有効にするを自動設定から有効に変更するだけです。
chrome://flags/#touch-events
Chrome も Opera も Vivaldi も上記のリンクから、直接設定項目に移動できます。

[H27.08.08] Chrome-flags touch-events

ポータブル版を除き、タッチパネルを利用している PC であれば常に「有効」にしておいても良さそうですね。

2クリックで Chrome 44 のユーザーを切り替える方法

Google Chrome 44 では、ユーザーの切り替えに使用するアバターメニューの設定が変更され、試験運用機能(chrome://flags)では変更できなくなりました。

以前、Chrome 39 がリリースしたときに更新したこの記事は、 Chrome 43 まで有効な情報となってしまいました。

インターネット上には、起動オプションを追加することで従来のメニューに戻す方法が多く紹介されていますが、今回は「新しいユーザーメニューを有効にしたまま」

  • 2クリックでユーザーの切り替え
  • 8個以上のユーザーを切り替え

する方法を紹介したいと思います。

“2クリックで Chrome 44 のユーザーを切り替える方法” の続きを読む