Splunk で Twitter クライアント総選挙 2017 開票してみた

一昨年、Twitter のクライアントの利用状況に関して記事を公開しましたが、二年ぶりに確認してみました。

Twitterクライアント 総選挙2015

前回の総選挙から条件を変更し、RT もリプライも計算に含めるように変更しました。

クライアント総選挙 開票結果

上位5位

Twitter 公式のクライアント iPhone 版、Android 版、Web 版でシェアの74%にも達する勢いです。
前回の調査時とは条件は異なっていますが、公式クライアントのシェアが向上しています。
“Splunk で Twitter クライアント総選挙 2017 開票してみた”の続きを読む

Twitter のユーザーIDが Int64 (Snowflake) に変更

このブログでは、以前から Twitter データの解析を行ってその結果を公開していました。

Twitterクライアント 総選挙2015

諸事情により一時的に収集を中止していたいので、再開し確認したところ、何かがおかしい事に気づきました。

これまでのデータ

かなり省略するとこのようなデータでした。

{
 id: 728236267847061504,
 id_str: "728236267847061504",
 text: "テストツイート",
 source: "<a href="http://twitter.com" rel="nofollow">Twitter Web Client</a>",
 user: {
  id: 2239296018,
  id_str: "2239296018",
  screen_name: "oyasu_info",
 }
}

ここの user 内の id がこれまでは10桁以下だったのですが、急にツイート自体の id と同じような18桁の数字になっているものが見られるようになりました。

例えば、最近 Twitter を始められた SKE48 の松井珠理奈さん(@JURINA38G)は 706826757500866560 でした。

ツイートのidと混同していないかも含めて調べてみたところ、どうやら仕様変更だったようです。

“Twitter のユーザーIDが Int64 (Snowflake) に変更”の続きを読む

Android 版 Google 検索アプリでブラウザ選択画面を再び表示させる方法

Google アプリ 5.12.34.21.arm での情報です。
今後のリリースで変更になる可能性があります。

先日のアップデートで、Google 検索結果がアプリ内ブラウザで表示されるようになり、ブラウザ選択画面が表示されなくなりました。

[H28.04.29] Android 版 Google 検索 アプリ内ブラウザ

今回は、以前のようにブラウザ選択画面を表示させる方法を紹介します。

“Android 版 Google 検索アプリでブラウザ選択画面を再び表示させる方法”の続きを読む

tbm=blg オプションで利用できていた Google ブログ検索終了

Google ブログ検索は、2014年1月に表からは消えてしまいましたが、tbm=blg オプションを使用することでこれまで利用できていました。

404エラーになったGoogleブログ検索を使用する方法

しかし、昨日検索しようとするとこのようなメッセージが表示されてしまいました。

[H28.03.16] 指定された検索オプションでは○○を検索できませんでした。

指定された検索オプションでは (キーワード) を検索できませんでした。

とうとう tbm=blg オプションも利用できなくなったようです。
“tbm=blg オプションで利用できていた Google ブログ検索終了”の続きを読む

期間限定!Google セキュリティ診断で 2GB のストレージ

現在、Google がセキュリティ診断を完了したユーザーに対し、Google ドライブや Gmail、Google フォトで利用可能なストレージ 2GB の無料ドライブストレージをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

こちらのページから、セキュリティ診断にアクセスできます。

完了すると、自動的にストレージがプレゼントされます。

[H28.02.09] Google セキュリティ診断 完了

こちらのページから現在の容量を確認すると

[H28.02.09] 現在の Google ストレージ容量

私は昨年もセキュリティ診断を行ったので 15+2+2=19GBのストレージです

このセキュリティ診断では

が確認されます。

ここでは確認されませんでしたが、セキュリティ強化の手順として2段階認証も有効です。

これは、パスワードを使用してログインする際に、携帯端末に表示されるコードも使用することで、自分以外のログインを防止できます。
金融機関でも、ワンタイムパスワードを取り入れているところがあります。

2GB だけではなく、これをきっかけにセキュリティ意識が高まると嬉しいです。

また、Google アカウントにはメールのやりとり(Gmail)だけでなく、様々な情報が保存されています。
今回のセキュリティ診断はとは少し異なりますが、アカウント情報ではどのような情報を保存しているのか確認できます。

Google での検索履歴や、スマートフォンと連動して訪れた場所を記録したり、さまざまな情報を保存することで、便利なサービスが利用できています。
一度、どんな情報が保存されているかの確認するといいかもしれません。