U-20プログラミング・コンテスト

「ユーにじゅう」って読むのではなく、「アンダートゥエンティー」プログラミングコンテストです。

第29回 U-20プログラミング・コンテスト (平成20年度情報化月間) の案内ある日、自分宛に封筒が届いているから見てみたら、この第29回U-20プログラミング・コンテストの案内でした。
しかも、その封筒の中には、右の写真のような応募要領と、案内の紙(どちらもA4)が3枚づつ入っていて、なんと・・・
大きなコンテストのポスターまで入っていました!

写真を撮ろうとしたけど、学校の先生や生徒の方に広めて欲しいという紙が入っていたので、この紙と案内の紙をとって、全部部活の顧問の先生に渡しました・・・
ということでポスターは学校にあります。

今のところ、「顧問の先生」「部活の一年生」「職員室に行くときに会ったI君」「クラスの友達3人くらい」 そして、「この記事を見てくれたあなた!」には広めました。
こういったコンテストがあるんだな、って思ってくれたらうれしいです。

過去のコンテストの作品を見ていれば分かりますが、かなり大規模な作品からアイデア勝負で『使ってみたい』と思うソフトなどいろいろとあります。

「Excel美音打」のために楽譜を書いています・・・

パソコンを使う部活なので、新しく入ってきた1年にタイピングを教えています
それで、おもしろかったソフトがあるので紹介します。 Excel美音打 スクリーンショット (Excel2007)

Excel美音打を紹介するホームページ

僕がダウンロードしたときはまだVectorで公開されていましたが、今は公開されておらずここが配布元になっています。
普通のタイピングソフトと言えば、文字を入力することに重点を置いていますが、時々キーボードに手を置く場所が書いてあるソフトもあります。
しかし、今までの習慣を直すほどにはならないようです。
間違っていると分かっていても、正しい指使いをするのは面倒だからみたいです。

このソフトの特長は、文字を入力するのではなく、「音楽をキーボードで打つ」ので、文字を打つのではなく新鮮な気持ちでキーボードに接することができて、結果的に正しいキーボードの手の置き方が習得できるのではないかと思うところです。

・・・しかし、このソフトの唯一難点をあげるとしたら「練習用の曲の年代が違う」ということです。
たくさんの練習用曲があるのですが、大概が昔の曲です。
元の曲をイメージすることで、タイピングもしやすくなると思うのでそれが残念です。

ということで、今部活で使う楽譜をパソコンで書いています。
ソフトは、「Studio ftn Score Editor」です。
何かとMIDIファイルを作ったことはあるのですが、楽譜ではなくてテキスト音楽「サクラ」というソフトを使っていたり、前に使っていたパソコンで体験版(印刷時にソフト名が大きく入ったりと制限有り)を使っていたので、まともな楽譜型の印刷できる作曲ソフトでした。

何度も書いているとおり、今回の土日は電気工事士試験があるので、更新お休みします。

「1room~for RPGツクールVX~」制作中みたいです

この前「駅 ~for RPGツクール2000~」が連載終了したと書きました(当ブログ記事)が、今日見てみたら姉妹企画の紹介がありました。

共同制作企画 コラボレーションADV「1room~for RPGツクールVX~
上のリンクを見たら分かるとおり、現在は制作期間です。(H25.10.1リンクを修正しました)
駅の方がRPGツクール2000だったのに対して、これは現在の最新版のVXです。
どちらにしても、僕は持っていませんが・・・

購入したい方は楽天で、8,970円で売られています(記事執筆時点)。
こうして紹介しておきながら持っていません。あしからず・・・

駅の姉妹企画ということですが、駅のように毎月更新していくのではなく、一度公開したら大きな変更はなくなるということです。
基本的なRPGツクール作品と同様の更新形態になったのでこちらの方がいいのかもしれません。

これからも、このゲームについて特集していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

今回のトラックバック・・・したかったけど出来なかったブログ

FC2ブログは経験上当ブログからトラックバックできないのが分かっているので、最初からしていません。
Windows Live SpacesのRSSが場合によって<language>en-US</language>と出力するみたい(執筆当時)で、それが影響しているのかもしれません。
海外からのトラックバックと見なされて、拒否されている可能性もあります。

駅 ~for RPGツクール2000~ 連載終了

駅 ~forRPGツクール2000~ ホームページ」を見てみるとなんと下の方に

2008.03.26
第46版をもちまして、「駅」の連載を終了する運びとなりました。
今後の更新の予定はありません。
長い間、応援ありがとうございました。

と書かれていました。

駅といえば、鉄道マニアの集うゲーム・・・というわけではなくて、何人かの作者さんが作った共同制作ゲームで、戦闘のないアドベンチャーゲームです。
もちろん、実際に存在するような駅は登場していません。

基本的に毎月更新だったのですが、最近の更新がなくて心配していました。とうとう連載終了となってしまい残念です。
連載が終わったというだけで、「駅 ~forRPGツクール2000~ ホームページ」では最新版の駅をダウンロードすることが出来ます。
無料です。ランタイムが必要です。
ストーリーが途中までの駅もあったと思いますが、楽しめると思います。

僕がこのゲームに出会ったのは、いつのことか覚えていませんが、2年以上前だったと思います。
それから、駅も増えたし盛り上がっていましたが、自分もゲーム三昧というわけにも行かなくなり、駅のメールマガジンを読んで最新版をダウンロードするように心がけましたが、まとまった時間がないとプレーしなくなっていました。
他のRPGゲームはクリアしたらそれで終了、次のゲームを探していましたが、駅の場合は更新する楽しさがあってずっとパソコンに入っていました。

ゲームといえば、ゲーム機の場合は店で買わなくてはなりませんし、パソコンでも有料のゲームはあります。
しかし、個人で制作した無料で楽しめる本格的ゲームもたくさんあります。
この機会に、パソコンのゲームを楽しんでみませんか?
このブログでも、不定期でゲームの特集も入れていきたいと思います。

今回のトラックバック

あの動画編集ソフトが!!!

※すでにこの記事のリンクは無効になっています。ダウンロードできませんのでご注意ください。

『2007年2月号 特集1で紹介した「Ulead VideoStudio 9 特別版」の入手先』(日経PC21)<

機能制限がある物の、無料で使えるのはお得でしょう。

  • MPEG2/ドルビー・デジタルAC3に非対応
    このため、DVDビデオの作成ができません(ビデオCDの作成は可能です)
  • SmartSound機能がない
    動画のBGMを自動作成する「オートミュージック」が使えません(CDやMP3ファイルの音楽をBGMとして使用することは可能です)
    (紹介ページより)
体験版ではないので、期間制限や機能制限はないみたいですが、ダウンロード期間が短いみたいなのでお早めにダウンロードしておきましょう。
573MBあるので、ダウンロードには時間がかかりました。
MPEG2は作れないので、一度非圧縮で出力して、再エンコードが必要です。写真ばかり集めてスライドショーなど作ってみようかと思ったのですが、
 
そういったことをやっている場合ではないのでは? 確かにそうでした。
この前懇談があって、もうそろそろ私立の入試が近いことを知ったのでした。
ということで、インストールしたらまた報告します。

ちなみに、この日経PC21という本は、図書館の雑誌コーナーで読んで知りました。家ではPCfanをよんでいます。こちらもよろしく